WebディレクターのWebサイト

日にち2019/12/30
ディレクション

Webサイトの制作依頼する前に知っておくべき事

この記事は書いてから 約 3週間 経過しています。

Webサイトの制作依頼する前に知っておくべき事

今まで色々なクライアントと関わらせていただきました。ここ何年かでWebサイトを持つという事が当たり前になってきておりますが、Webサイト制作についてどういった作業や情報が必要なのかまだまだ認知されていないかと思い今回は依頼する方むけの記事を書いていきます。サイト制作依頼する前に準備しとくとスムーズにデザイナーが制作に入り納品が早くなるかもしれません!!

デザインの参考になるサイトを探そう!

見出しの通りです。

  • このサイトのこういうデザインがいい
  • この動きかっこいい
  • 色使いが綺麗

とか思うことは色々あるかと思います。

インターネット上には素晴らしいサイトがいっぱいあります。気に入ったサイトをブックマークなどして、依頼する際に提示できると話が早いです!参考サイトは、デザインの方向性などは気にせずに気になったもの全てをブックマークして全て見せましょう。その後は、ディレクターなりデザイナーが参考を元にデザインの方向性を絞っていきます。しかし、これはあくまで参考です!まるっきり同じデザインはパクりになってしまうのでご依頼する際には気をつけてください。

参考サイトが見つからない方は下記URLより調べてみてはいかがでしょうか?

お洒落なサイトデザイン集のサイト

https://muuuuu.org/

http://responsive-jp.com/

アニメサイトデザイン集のサイト

https://nijiiro-clip.com/

LPサイトのデザイン集のサイト

https://lp.webdesignclip.com/

必要ページを考えよう!

企業サイトですと、トップページ/会社概要/ワークス(サービス/商品情報)/求人情報/ニュース/お問い合わせ/プライバシーポリシー などがあります。

また、アーティストサイトになると、トップページ/ニュース/スケジュール/バイオグラフィ/ディスコグラフィ/お問い合わせ/グッズ などがあります。

依頼するサイトによって必要な情報が変わってきますので、そのサイトの内容によってページをある程度決めておくといいかと思います。また、サイトによってはブログが必要になったりオリジナルコンテンツが出てくるかと思います。

キーワードについて思いつくまま書き出す!

ある程度このキーワードで検索上位を目指したいと思うものをピックアップすると、それを元に制作側でそのキーワードについて調べてもらえると思います。そのサイトに合ったキーワードなのか。検索されやすいキーワードなのか。調べたうえで最適なキーワード等洗い出ししてくれるかと思います。(多分)

その上で、ビッグキーワード・スモールキーワード・ロングテールキーワードを意識したSEO対策を行います。

また、サイトタイトル、ディスクリプション(ページの説明)、文章など至るところでキーワードは使っていきます。ブログ記事の見出しや本文にも使用します。

ターゲット層を絞ろう!

どんな人に見てもらいたいですか?女性なのか男性なのか、何歳なのか?思いつく限りの人物像を作っていきます!

架空の人物を作る上で下記の内容などを決めていきます。

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 趣味
  • 家族構成
  • 年収
  • 休日の過ごし方

これによってサイトデザインの方向性が大きく変わります。つまりこのターゲット層を絞るということで、男性向けのデザインや子供向けのデザイン、主婦層に向けたデザインといった方向性が決まっていきます。

使いたい画像・テキスト素材を集めておこう!

いざサイト制作に入る時に必ず、こちらはご確認します。予めご用意するとスムーズに作業が進められるかと思います。また、足らない画像素材は制作者側で画像のピックアップなどもするかと思いますので、ご相談する事をおすすめします。

金額について

はっきり言ってピンキリです。内容によって大きく異なるかと思います。システムを組むのかコーディングまでで済むのかでも大きく変わりますし、ページ数でも変わってきます。

Web業界で金額の計算方法も違いがあるかと思います。ページ単位で計算する企業もあれば、人日計算もあります。人日計算は1人日=8時間になります。東京都でのWeb制作の1人日の平均は4〜5万円とされています。

また、企業に頼むのかフリーランスに頼むのかでも違います。これに関しては基本フリーランスの方が安く依頼出来るかと思います。

今まで、Webディレクターとしてフリーランスに外部発注した際に安く済ませてしまった結果、僕の方で修正し直すという事が何度もありましたので、個人にご依頼する際は安いからといって頼んでしまうと後で大変になるかもしれません。。。(しっかり制作をしてくださるフリーランスもいます)

facebook twitter

© 2013-2020 visual hallucination.